サツマイモのお団子|緑地公園で気軽にバーベキューパーティーをしよう

緑地公園で気軽にバーベキューパーティーをしよう

配達員

サツマイモのお団子

和菓子

いきなりな団子とは

いきなり団子は、熊本の特産品として売られている郷土菓子です。生のサツマイモを輪切りにして、その上に餡を置き、餅や小麦粉を練ったもので包んで蒸したもので、一般家庭で作られるお菓子として昔から親しまれてきました。いきなり団子の名称の由来は、生のサツマイモを「いきなり」切って使うためや、食べたいときにすぐ作れるといった意味合いからきているようです。また熊本の方言に、簡単なことを「いきなり」と言うことがあって、そこからいきなり団子と呼ばれるようになったという説もあります。外見は、平たい大福のようでもありますが、割ってみるとまさに「いきなり」サツマイモが出てくることに驚かされます。味はもちろん素材そのものの味で、サツマイモと餡がとてもマッチしています。

単に甘いだけじゃない

いきなり団子の魅力は、「いきなり」な形状や、素材の味だけではありません。大きなサイズの団子のため、腹持ちがよく、サツマイモの食物繊維も摂れます。中身が餡ばかりではないので、甘さも控えめでカロリーも他の団子やお饅頭に比べて低くなっています。熊本では団子のことを「だご」と呼ぶので「いきなりだご」とも呼ばれていますが、この呼び方もいかにも田舎の母ちゃんが作ってくれたお団子で、あたたかさが伝わってきます。いきなり団子は地元で消費されるのがほとんどでしたが、冷凍や真空パックになったものもあり、通販を利用すれば、全国どこででも食べられるようになっています。最近では、小豆餡だけでなく白餡や紫芋餡、抹茶餡など餡に工夫を凝らしたいきなり団子も登場しています。